年齢と重ねるとともに目の下のたるみが目立ってきました

ずっと頭の中にあった美容治療

若いころから目がぱっちりと大きく、二重もはっきりしていて、自分でも目がチャームポイントだと自負しており、男性や同性にも目が綺麗だと褒められることも多かったのですが、年齢を重ねるとともに、顔にも老化の兆しが現れ始め、三十代後半に近づくにつれ、痩せてきたことも影響しているのか、目の下のたるみが気になるようになってしまいました。

私はとても目が悪く、高校生くらいからずっとコンタクトレンズを付けていて、人よりも目の下を引っ張ったり、目のごろごろ感が気になって、目の周辺をこする習慣があったのも、このようなトラブルが発生してしまう原因ではないかと思っていました。目の下のたるみがあると、どうしても疲れた印象を与えてしまうのか、しんどいの、とか疲れてるの、と聞かれることも増え、全くいつもと体調は変わらないのに、よほど老けて見えるんだと思うと、嫌だな、何とかしたいなという気持ちが日に日に強くなっていきました。

かなり高いアイクリームや、たるみがとれるという美容液、パック、そういったものを毎日使ってケアをしていましたが、全く効果がなく、エステのフェイシャルケアも受けましたが、目の下のたるみ はほとんど変わらず、最後にはネットで見つけた顔のストレッチを頑張って毎日行っていましたが、だんだんと、こんなに激しい動きをして、薄い皮膚なのに大丈夫なのかなと余計に不安になり、あまり触らない方がいいのではないかという考えに落ちつきました。でもやはり、何とかしたい、という気持ちは変わらなかったので、ずっと頭の中にあった美容治療を受けることにしました。

年齢とともにひどくなっていた目の下のたるみを取りました

若いころから大きな目が自慢で、自分で言うのも何ですが、美人だと良く褒めてもらっていて、容姿に対しては悩みなどありませんでした。でも、年齢を重ねるにつれて、あれほど自慢だった目元に陰りが見られるようになり、三十代後半になったころには、目の下のたるみが気になって仕方がありませんでした。目が大きかった分、目の下の涙袋もあったのですが、それが大きく垂れ下がったように膨らみ、すごく老け顔に見えてしまうのです。もちろんアイクリームやマッサージなど、効果があると聞いたものは何でも飛びつきましたが、どれ一つとして効果があったものなどなく、頑張って続けていたストレッチ体操も、いっこうに改善の兆しがないのでやる気が失せ、もう受け入れるしかないのかとあきらめていました。結局、メイクでカバーするのが一番ましで、コンシーラーやハイライトを使って、何とかごまかしていたのですが、街中などで遠目で鏡に映った自分の顔を見ると、生活に疲れたようなおばさん顔が目に留まり、あえて見ないようにする状態でした。年齢的に見ても、四十代半ばになり、もう容姿が衰えることは仕方がないのかと随分と悩みましたが、やはり、綺麗になることをあきらめきれず、思いきって美容クリニックで治療を受けてみることにしたのです。決心するまでおよそ二年悩み、色々な手術法を調べ、ダウンタイムなどのリスクも考えたのですが、どうしてもあきらめられず、結局47歳でチャレンジすることになりました。私がお願いした先生は、目の下のたるみ治療の名医として紹介されている方で、たまたまそう遠くない病院だったこともあり、決心がつきました。カウンセリングでもかなり時間をかけていろいろと相談させてもらいましたが、目元の手術ゆえ、かなり腫れることは覚悟しなければならず、デメリット面についてもきちんと理解し、受けることになりました。私の場合、垂れ下がっていらない脂肪を除去し、へこんでいる部分に移動させることで、目の下をフラットにすると、影がなくなりたるみが気にならなくなるようで、傷跡も残らないといわれました。何とか仕事の調整をつけて、二週間の休みが取れ手術に挑みましたが、正直なところ、怖くなるほど腫れてしまい、受けない方が良かったのかなと思った時期もありました。体質的に内出血もしやすい方なので、目の周りが青紫色になり、すごい顔で、暫くは外出もできず、鏡を見るのも怖くてどうしようかと思うこともありましたが、クリニックに電話で相談したら、きちんと対応してもらえ、診察を受けても問題なしだったので安心できました。ここで、邪険な対応をされていたら、すごく不安定な精神状態になってしまっていたと思います。一週間ほど過ぎたあたりから、ようやく落ち着き始め、腫れが引いてきたのでひと安心でした。内出血の跡はかなり汚くて、色がどんどん下がってきているようで、頬にも黄色い跡が出来てびっくりしましたが、時間で解決するしかないので、コンシーラーでカバーして外出していました。それからは、日に日に落ちつきだし、むくみが取れ、目元もすっきりし出しました。久しぶりに出勤したときも、綺麗になったといわれ、とても嬉しかったです。術後はかなり大変でしたが、結果的に見て、手術は受けて良かったと思っています。ちょうど三か月ほどたったころには、目の下のたるみがすっきりとなくなり、見た目にもかなり若返ることが出来ました。若いころのように、人と目を合わせて話すことにも抵抗を感じなくなり、また自分にも女性としての自信が持てるようになってきました。メイクをするのも楽しくて、髪型も思いきって短くしたので、かなり若返ることが出来ました。

menu

ずっと頭の中にあった美容治療
カウンセリングを受けに行きました
人と会うのも楽しく過ごせるように